Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

東京都羽村市の友人にチューリップ祭りの余りの球根を送ってもらい、植えています。

hamura_2011041706310000 (800x333)

東京/羽村チューリップ

チューリップ

2018年12月 植え付け

前回、イノシシに球根を掘り起こされ食べられてしまったので、今回はポットに植えて苗を育てようと思います。時期的には遅いのでホームセンターで処分価格で販売していたものを30個購入しました。

植え付けには、余っていた”種培土”ともみ殻を使いました。

turipu_20181202_134324 (800x600)

2019年1月 定植

ポットの底穴から根が出て来たので定植することにしました。イノシシは昨日も夜中に出没したので、臨時の柵で囲んで備えることにしました。

turip_20190123_121736 (800x447)

データ

基本

原産地  :中央アジア~北アフリカ、トルコで鑑賞用に品種改良、オランダから世界へ広がる

学名   :TulipagesnerianaL.(チュリパ・ゲスネリアナ)

科名/属名:ユリ科 / チューリップ属
形態   :多年草
草丈   :10cm~70cm
名前の由来:学名のチュリパは、トルコ語の頭巾(tulipan(tulbend))で、イスラム教徒のターバンと花が似ているので名付けられたと伝えられている。

開花時期 :3月下旬~4月下旬
耐寒性  :強い
耐暑性  :―
用途・特性:鑑賞
その他  :花が終わったら花首を切り落とし、土は乾かさないよう適当に水やりし、葉が枯れ茎が倒れたら球根を掘り起こす。陰干しし乾燥させ球根を分け、涼しい場所で保存。

栽培

播種・育苗:―
栽培環境 :日当たりのより場所
土づくり :培養土7:腐葉土2:堆肥1を混ぜたもの等。水はけがよく適度な保水性のある土。

植え付け :10月中~12月中。深さ7cm程度、株間10cm程度で球根を植え付ける。

水やり  :発芽前から土を乾かさないように灌水する。

施肥   :植え付け時の基肥に緩効性化成 。”芽出し肥”:力強い花芽を作るために、2月中旬ごろの根が伸長し始め時期に、油粕40g/㎡あるいは窒素10%程度の緩効性化成肥料20g/㎡を、球根の根が伸びた先あたりに施肥し浅めに軽く混和。太った球根を収穫するためには、花が咲き始めたころに芽だし肥と同じ施肥、花が終わって枯れるまでにカリ成分の多い草木灰を礼肥で与える。(ただし、関東以南は花のころ急に気温が上がるので否定的な記事あり)

花がら摘み:花びらが散る前に首から切り取る。

病害虫  :アブラムシなど、暖かい日が続き、特に風の当たらない日だまりで発生しやすい。防除はオルトラン粒剤を株元に。

球根の保存:葉が黄色く枯れて茎が倒れたら球根を掘り出す。陰干しして玉ねぎネットで涼しい場所に吊るし保存。