Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

移住前からの木、樹齢不明、樹高5m。アプローチに植わっています。FBで木の名前を教えて頂きました。大木になると知ってこれからどうしたものかと。さらに、もう1本バルコニーの下にも植わっているのです。調べると根もかなり張りそうなので、困惑しています。

新芽が赤くなるものと若草色になるものがあり、それぞれ”女樟”、”男樟”と呼ぶそうです。この木は、新芽が緑色なので、”男樟”と呼ばれます。

20180907_楠(夏)

2018年11月 脚立で届く範囲に剪定しました。切り口から独特の香りがします。仲間にシナモンを採る木があるのもうなづけます。

kusunoki_20181124_(504x800)

 

データ

基本

原産地  :中国、東南アジア (有史以前の渡来)

学名   :Cinnamomum camphora (キンナモムム・カンフォラ

科名/属名:クスノキ科/ニッケイ属
形態   :常緑高木(葉の寿命は1年で春に落葉)

樹高   :10m 神社の御神木など数十mにもなるものもある。

 

View this post on Instagram

 

nennaさん(@sho_a_44)がシェアした投稿 –

名前の由来:ナンジャモンジャと呼ばれることもある。➀匂いがすることから「臭し(くすし=くさし)」 ➁薬用として利用されことから「薬(くす=くすり)」 ③「奇し(くすし)」など諸説 

開花時期 :5月~6月白く淡い黄緑色の小さな花、10月~11月青緑色で熟すと紫黒色の実

耐寒性  :幼木はやや弱い
耐暑性  :強い

用途・特性:樟脳として防虫剤、強心剤(カンフル剤)。セルロイドの原料

栽培 家庭用には不向きな樹木

播種・育苗:
栽培環境 :日当たりのよい極端に乾燥しない土

土づくり :土質はあまり問題にならない

植え付け :5月~9月
水やり  :特に必要ない
施肥   :特に必要ない 
剪定   :3月~10月
病害虫  :特にない、丈夫な木