Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

 

hyoihyoi001

私、62歳(2018/8現在)腰痛で悩む男、2012年5月都会の喧騒から離脱しこの瀬戸内海の離島前島(緑島)に妻とワン公=2人+2匹で移住しました。
何故田舎暮らしなのか、島に決めた理由はなにか、仕事について、生活ぶりは、等々。
私の経験した移住生活の日常を紹介したいと思います。

田舎暮らしを検討している方への参考になればと思い情報発信します。

 

田舎暮らしの動機

私が、田舎暮らしを考え始めたのは、突っ走って来た仕事もいよいよ先が見えてきたころです。
年老いた家族の問題もありました。
東日本の大震災、津波による原発の冷却電源消失でメルトダウンと未曽有な災害と最悪の人災が起き、ふと冷静に身の回りを見渡せば、ヒートアイランドに起因するゲリラ豪雨の頻発、一寸した事故で何十万人もに影響する電車の過密ダイヤと連鎖、東京一極集中の日本の体制は瀕死の重態に感じたのでした。
sibuya_20191125_150201 (800x450)みんな田舎に分散しなければ、東京に何かあったら日本は潰れてしまう、と心が叫ぶのでした。

また、”田舎暮らしで悠々自適な生活”のフレーズを頻繁に耳に目にするようになり、いつしか気持ちが田舎を目指していくようになりました。
tokyost_20191128_182422 (800x450)

 

田舎暮らしの物件さがし

窓から海を眺める家

私の田舎暮らしの第1の条件は、家から海が見え、近いこと。それで最初に浮かぶのが相模湾岸、駿河湾岸ですが、気象庁の南海トラフのマップやそろそろ富士山も噴火か?などで却下。

千葉・茨城・福島は、当地の人たちには怒られるが溜まりに溜まった福島原発の汚染水はいつか海に放出するしかなくこれは親潮に乗って沿岸は少なからず汚染されるだろうと個人の見解です。

日本海側、東北、北海道は冬の寒さが辛く夏遊びに行っても住みたくはないところ。

沖縄、小笠原、海外、やっぱり遠い。

日本地図で目に付くのが瀬戸内海、台風の影響も少なく、津波でも台風の高潮でもせいぜい銚子沖の波のような穏やかな海、温暖な気候の日本のエーゲ海がロックオンされてしまいました。

空き家バンク・自治体の斡旋する空き家

そうなれば、瀬戸内海のリサーチ開始です。空き家バンク、自治体の移住者への対応と手あたり次第です。
瀬戸内市に登録されている空き家も何件か内見に東京から何度か往復しました。自治体で斡旋している物件も多数あり移住者への優遇措置付きのものもありました。
自治体は地域活性化のために、移住者に対していろいろな支援をしているので、移住を検討している方はホームページで確認するだけではなく、実際に窓口に行って聞いてみた方がよいと思います。ホームページでは判らないことがたくさんあるようです。
ただし、過度の期待は禁物、何事もギブ&テイクなのです。
自治体も経営が大変で慈善事業で移住支援をしているわけではありません。地域活性化は即ち人口増、つまり若い夫婦に移住してもらいたいのです、起業家か資産家からの税収増が魅力なのです。何度か自治体を訪問しましたが、『けんもほろろ』とは言いませんが、あまり良い印象はありません。私のような手ぶらの老人が移住しても地域のためにはならないのです。

前島の別荘を購入

私は、結局、地元の不動産屋がWeb掲載している物件に釣られてしまい、購入しました。
それは、まず窓から海が見える、敷地が広く、一部フェンスで囲われていること、これは、ワン公ののびのびサークル決定でした。また、フェリーで渡る島物件というのも非日常で妻はご満悦、家はとても古いですが私たちが生きている間は持ちそうだし、何よりも畑があり、広大な敷地に果樹がたくさん植えてあるのが魅力でした。
また、折良くなのか悪くなのか、春真っ盛りの内見で敷地に咲き乱れる野草、見事な満開の桜に魅了されてしまいました。これらが後からどれだけ大変かを考えもせずほぼ即決で購入したのです。

20170412_桜満開

 

住んでみたら驚きだらけの田舎物件

引っ越して最初のころは、ユートピアかと思えるほどでした。朝は、小鳥たちのさえずりで目覚め、ゆっくりとワン公たちと浜辺まで散歩、その間、車にも人にもすれ違わない。畑から野菜やハーブを摘んでサラダを作り、バルコニーのテーブルで海を眺めながらゆったりと朝食。隣の生活音もないし、道路の騒音もない。日の光は優しく差し込む。これこそ求めていた田舎暮らしと、静寂とゆとりに浸っていました。
今も生活の本質は最初と変わらず、ユートピアですが。住んでいるうちにいろいろな事が起きていくものです。

小豆島

瀬戸内海式気候

前島の天候は、春・夏・秋はとても過ごしやすいと思います。ただ穏やかな天候も時折一変し、激しい風に見舞われることがあります。ここは見晴らしがいい分、風当たりが強いのです。しかも、島は、遮るものがないので風は幾分強いようです。温暖な日本のエーゲ海も一旦荒れると嵐が丘と化すのです。

そしてここは晴れの国おかやま、さらに島は雨も少なく、夏は植物たちに水やりは欠かせないですが、本土側と比べると2℃ぐらいは気温が低く涼しいです。しかし、冬は、滅多に雪が降ることはないのですが、意外にも寒さが結構厳しいです。

虫たちと共生

田舎に住むには、虫たちと共生しなければなりません。夏は、虫たちの天国なのです。早朝からクマゼミの大合唱が『ワシッワシッワシ~』と始まります。ミンミンゼミやアブラゼミの鳴き声は、打ち消されて聞こえないほど大音量でうるさいです。

オオスズメバチが果実や好物の樹木があると大群でやってきてむさぼり、近づくと威嚇されます。
果物には歯形を付けて熟れるのを待っているようです、口から出る酵素の効果だと思いますがマーキングされた実は熟れるのが早いです。
樹木の幹をかじるのは、巣を作る材料集めでしょうか。
洗濯物の花の香りにも誘われてやってくるので、最初は妻もパニックに陥っていました。
まだ刺された経験はありませんが、人を死に至らしめうる強敵です。

家の中には、ムカデが毎晩のように入ってきます。サッシのレールの隙間は彼らの出入り口です。靴の中、洋服の中どこに潜んでいるか分かりません。ただ、刺されると一時的に激痛が走りますが、キンカンを付けてしばらくすると治ります。足の赤い個体と黄色い個体がいます、♂♀なのでしょうか、どちらか一方を見つけると2日を明けずに必ず他方に遭遇します。ペアで行動しているのだと思いました。
撃退には、「ムカデキンチョール」がとても有効です。初夏のムカデが家に侵入を開始する時期に侵入口に噴霧しておくと、姿を見ることがなくなりました。

引っ越してきた初日の夜、体調10cmはあろうかと見えるオオグモに遭遇し、大慌てでしたが何の危害を被ることもないのでその後は冷静に火箸でつまんで外へ出します。

彼らと出会うのが初めてでしたが、付き合い方を1つ1つ覚えていき何年か経った頃には隣人的なものです。