パワースポット神話の中心出雲大社に行ってきました!!

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
11

今回は須賀神社奥宮 icon-external-link 日御碕神社 icon-external-link  訪問の後、最後に出雲大社です。出雲大社前に宿泊し、早朝から訪れこの旅を終えました。

出雲大社は、縁結びの神として有名なのは言うまでもありません。主祭神はだいこく様とも呼ばれている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)で、高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あめのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。

旧暦10月は、全国的に神無月ですが、出雲では神在月といい、八百万の神々が出雲大社の大国主大神のもとに集い「あらゆるものの縁の結び」について会議をするそうです。まさに神話の中心は、ここでです。

勢溜(せいだまり)の大鳥居

出雲大社の正門でこの先から参道が始まります。神門通りの入り口にある宇迦橋の大鳥居が一の鳥居で、ここは二の鳥居です。

izumotaisha_20190828_075213 (800x389)

振り返ると眼下に神前通りが広がります。

izumotaisha_20190828_082159 (800x360)

izumotaisha_20190828_075147 (800x389)

   神前通り

祓社(はらえのやしろ)

参道の右手に四柱の祓戸神(はらいどのかみ)を祀る祠があります。すでにここが強力なパワースポット。

izumotaisha_20190828_075614 (800x389)

izumotaisha_20190828_075658 (640x391)

 

参道

下っていく参道になっています。

izumotaisha_20190828_075816 (800x389)

izumotaisha_20190828_075847 (800x389)

   祓橋(はらえのはし) 渡ると見事な松の参道が三筋、中央は神の通り道。

izumotaisha_20190828_080040 (800x389)

izumotaisha_20190828_080233 (800x389)

御神像

大国主大神が、共に国造りを進めて来た小人神少彦(すくなびこ)が去った後、苦悩の末悟りを開いた瞬間の図。

izumotaisha_20190828_080248 (800x408)

izumotaisha_20190828_080327 (640x311)

像の案内板の内容

幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)
時に海を照らして依り来る神あり
吾在るに由りての故に汝その國造りの大業を建つるを得たり
吾は汝が幸魂奇魂なり
大國主神これ吾が幸魂奇魂なりけりと知りぬ

中略

出雲大社ではこの御神教にちなんで
さきみたま くしみたま
まもりたまひ さきはへたまへ
と唱して御神縁を祈念いたします。この「ムスビの御神像」は大國主大神が有難く「幸魂奇魂」を拝戴される由縁を象徴しております。

拝殿

izumotaisha_20190828_080413 (800x389)

   拝殿の奥に本殿

izumotaisha_20190828_080818 (800x389)

izumotaisha_20190828_080655 (800x389)

因幡の白兎に因んだウサギ像たち

izumotaisha_20190828_075120 (640x640)

izumotaisha_20190828_084429 (800x632)

izumotaisha_20190828_081628 (800x389)

稲佐の浜(いなさのはま)

出雲大社の二の鳥居前から1㎞程歩くと降りられる浜。今では浜続きとなった弁天岩がポツンとありました。

国譲り、国引きの神話の舞台はここ。現代も旧暦10月10日には、全国の八百万の神々をお迎えする浜、神事が執り行われます。

izumotaisha_20190828_120208 (800x389)

悲運の秀才大国大神

オオクニヌシは、スサノオの6世孫で幼少のころから優しく、賢く、見目秀麗だったがゆえに兄たちに憎まれ何度も殺され、スサノオに許され頑張った国造りも、国が豊かになったところで、アマテラスに奪い取られ自害させられました。

武甕雷男神(たけみかづち)がアマテラスの交渉人としてやってきた折、戦争によって国民や領地を荒らすことは出来ないと国を渡すことにしたとのことですが、オオクニヌシの優しさを感じながらも複雑な思いになります。これを現在の日本に置き換えて考えると尚。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください