瀬戸内国際芸術祭2016の舞台だった犬島に行ってきました

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
173

2019.11.15修正

2016年瀬戸内国際芸術祭の舞台の1つの犬島は、前島から近くに在り毎日見て過ごしているのに一度も訪れていない島の1つでした。

一昨日(10/3)台風の合間の晴天に腰痛も小康状態なので意を決して、犬島に行ってきました。

宝伝港で定期船待ち

前島からは、車で20分で行ける宝伝港の定期船で犬島に渡ります。

定期船の出航時刻まで時間があるので、近くの海水浴場に寄り道をしました。

icon-chevron-down こじんまりとして綺麗なビーチです。

icon-chevron-down 対岸に犬島諸島が見えます。

icon-chevron-down 宝伝港の犬島航路の案内板

 

犬島到着

icon-chevron-down 可愛らしい船で10分揺られると到着です。料金は片道大人:300円、子供:150円

icon-chevron-down 桟橋に降りるとすぐに目に入るのが、トイレの屋根の”WELCOME”

事前に検索して、必見の「犬島精錬所美術館」のチケット購入のため犬島チケットセンターにまず向かいます。
ここはカフェもありランチやコーヒーも楽しめそうです。
チケットは、2,060円ただし「家プロジェクト」の内観料も含まれています。 お高いと感じるかどうかは、鑑賞してからですね。
宝伝港の事前情報で定休日が火曜日だと。訪問される方は事前確認をして下さい!!
 icon-chevron-down 犬島チケットセンター ℡ 086-947-1112

 

犬島精錬所美術館

 

icon-chevron-down 行く途中、対岸に前島諸島を眺めながら・・

腰の悪い私には、苦痛な距離

「犬島精錬所美術館」入り口到着
廃構感がいい雰囲気の看板とフェンスで。

カラミ煉瓦の遺構 美術館の中は、撮影禁止ですが、外観はパチパチと撮影放題。十分見応えがある大正時代の銅精錬所跡。近代化産業遺産だそうです。

犬島精錬所美術館
犬島精錬所美術館は、犬島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと作られた美術館は既存の煙突やカラミ煉瓦、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典の作品、また植物の力を利用した高度な水質浄化システムを導入しています。「遺産、建築、アート、環境」による循環型社会を意識したプロジェクトといえます。」出展元:ベネッセアートサイト直島

入り口で係のお嬢さんにチケットを提示すると、施設の説明をしていただけます。
煙突を通して起こる風、光の芸術は、体験の価値ありです。

道順を追って歩いていくと、火力発電所跡のアートに行き着きます。

 

犬島「家プロジェクト」

犬島