しづ心なく花のちるらん成れどサクラは潔く!!

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
21

久方の 光のどけき春の日に しづ心なく 花のちるらむ」(紀友則)
出典「古今和歌集」春下八十四「百人一首」

いにしえの人は、穏やかな春の日に散りゆく桜を惜しんで詠んだのだそうです。

散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき」(詠み人不明)
出典「伊勢物語」82段

先週末見事な満開だった桜は、今日はすでに葉桜に、散っていきます。

sakura_20190415_064805 (800x389)

敷島の大和心を人問えば 朝日に匂ふ 山さくら花」(本居宣長)

この人は、日本人の心は、ただただ清らかなものだと言ったのだと思います。それが、時代に歪曲、翻弄され「潔く散っていく~」になってしまったような・・・

本来日本人は、自然を愛で優しい人間なのです。潔いのは桜です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください