薪ストーブの煙突掃除、どうしていますか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
11

手抜きの煙突掃除で事件発生!!

寒い朝なので、薪ストーブをフル回転で焚いて、パソコン画面を眺めていると目が痛いのです。
てっきりドライアイの悪化だと思っていたら、キッチンの妻も目が痛いと!!
そうなんです、煙の逆流で家中に充満しているのです。

良く燃えているので、白煙で霞んではいませんが、目が痛いのです。

先月、手抜きの煙突掃除をしていたのですが、反ってダメだったようです。
煙突の蓋を開けてみると、スラッジがドサッと落ちてきました。

Chimney-sludge_20190214_082635 (800x528)

Chimney-sludge_20190214_082655 (800x798)

薪ストーブの煙突掃除の頻度はどれくらい?

ちゃんとした材質の煙突できちんと設置し、乾いた薪を燃やせば200日は掃除しなくて大丈夫だそうです。それでもシーズン中焚くストーブは、月に1回は煙突掃除するそうです。

ところが、我が家では、シングル106Φと超安価な煙突を、屋内で引き回して出しています。
さらに、浜に漂着した木や、足場の廃材等なんでも焚いています。

10月から焚き始めているのに、腰が痛いのを理由に掃除していなかったのです。

Chimney_20190214_150750 (800x799)

意を決して煙突掃除を実施

電話すれば、来てくれる煙突掃除をしてくれる業者もたくさんあるのですが、田舎暮らしで薪ストーブを焚く者として、業者に掃除してもらうなど言語道断と思い、意を決して寒空の中煙突掃除を敢行したのでした。

今夜は、快適な暖が取れそうです。

春はすぐそこまで来ています、次の煙突掃除は、来シーズンです!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください